片耳をふさぐ 

2017|パフォーマンス

いくつかの過去に見た風景についてと、実際にパフォーマンスをしている場所から見える風景についてを、ごちゃまぜにして、即興で喋りつづける、というようなパフォーマンス作品。

「喋る」といってもいわゆる"物語"をつらつら喋るというより、「喋る」と「見る」と「思い出す」がひとくくりになるような状態に近づこうとしていた。

 

「見る」→a→「言葉にする」→b→「喋る」

 

おそらく、何かを見てから言葉にして喋るまでには少なくともa・bの2回「整える作業」が挟まると思うが、この「整え」をどうにか解除できないかなと考えていた。

小説などにおける「風景描写」の難しさ、という問題意識をパフォーマンスに移植できないかと考えた。

SICF18 PLAY でのパフォーマンス映像

press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/3

クリックで拡大します