NO HINT

2012|インスタレーション

棚の上には〈コルク銃〉〈コルク弾〉〈スピーカー〉の三つが設置されている。

スピーカーからは以下のような音声が繰り返し流れている。

〈銃を 手に とってください〉

〈レバーを 手前に 引いてください〉

〈コルクを 先端に 詰めてください〉

〈狙いをさだめて 引き金を引いてください〉



コルク銃の扱い方のアナウンスが流れる部屋のなかで、鑑賞者はそのアナウンスに従うべきか迷う。

迷いながらも、コルク銃を手にとりコルクを詰めた段階で、一体どこに狙いをさだめ引き金を引くべきかふたたび迷う。



コルク銃を手にとり、引き金をしぼると「パンッ」という破裂音とともにコルクが発射されどこかの壁にあたり、床へと散らばる。



それ以上のことも、それ以下のことも起こらないが、鑑賞者は確かに困惑する。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/3

No Hint, 2012

 

In the space, there are three, wall-mounted shelves that respectively support a cork gun, a container full of “cork bullets”, and an audio speaker. The speaker announces a repeating message:

 

"Take the gun in your hand"
"Pull the lever in the front"
"Pack a cork at the tip"
"Aim and pull the trigger"

 

Should we follow the announcement? People stray…

 

If a participant chooses to “take the gun in your [he/she] hand” and “pull the lever in the front, pack a cork at the tip”, he/she is confronted with another dilemma of where to aim the gun.

 

When the trigger is pulled, a cork bullet explodes from the gun with a “BANG”! The cork is discharged some place in the gallery and is left on the floor.

 

 

クリックで拡大します