駅前ラブストーリー ロミオとジュリエット編

2014|パフォーマンス

栗原千亜紀さんとの共同作品

御茶ノ水駅前で行ったパフォーマンス作品

 

駅前にある時計台の上と下、それぞれにスピーカーを設置して、

上のスピーカーをバルコニーの上にいる「ジュリエット」

下のスピーカーを「ロミオ」にたとえ

駅前を通り過ぎる人に、マイクを通して無理やりラブストーリーをアテレコする。

 

アテレコをするパフォーマーは、スピーカーからそう遠くない場所にいて、どこから喋っているのかは一目瞭然になっている。

 

駅前は、さまざまな予定や事情を抱えた人々が足早に過ぎ去ってゆく。

そんななか、コテコテのラブストーリーが無理やり耳に入ってくる。

 

「馬鹿にできる災害」のような立ち位置を目指した。

 

 

パフォーマンス後のテキスト​

 

press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/3

クリックで拡大します

クラウドファンディング・プロモーション用動画

press to zoom
press to zoom
1/1

フライヤーデザイン