誰もが誰かを

2010|インスタレーション

鍵のささった状態の南京錠が、壁に並んでいる。

手前に置いてある解説には「鍵をひとつ抜き取ってください」と書いてある。

ショッピングモールの連絡通路に展示されたこの作品は、鑑賞者の反応はさまざまで、こわごわと抜き取っていく人もいれば、迷わず抜き取っていく人、「こわい」といって立ち去る人もいた。



抜き去られた鍵は、その後鑑賞者によってどうなるかはわからない。大事に保管されるかもしれないし、すぐに捨てられてしまうかもしれない。

一方、鍵を抜き取られた錠は、多分もう開くことはない。

だが、もしもいつか鍵と出会うならばと、想像をする。

すっかり忘れていること、もう思い出せなくなっていることが、どこかにいったり、誰かと出会うことでまるで鍵が開くように突然思い出されることがある。

自分が誰かにとっての鍵をもっている時も、きっとある。

1/2

It’s About Who Everyone Is, 2010

 

Padlocks with keys are hung on a wall. The description in front of padlocks states, "Please lock one padlock and take one key."

 

The installation is displayed along a passageway within a shopping mall therefore, it created many different reactions from those who walked by. For example, there were some people who took a key timidly. Some took a key serenely. Some would say “this is weird” and leave them alone.  There is no way of telling what happens to a key after it is taken. It could be kept with care or could be thrown away immediately.

 

A lock without its key cannot be opened anymore. But by happenstance or coincidence, there is a chance the lock and key will meet again. Like the lock which can be reopened by a chance encounter with its key, so too are the memories I’ve forgotten that are brought back to mind by a person or place.

 

Perhaps we hold a key for someone.

 

クリックで拡大します