press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/2

クリックで拡大します

4分寝る

2013|パフォーマンス

3331千代田芸術祭 2013のパフォーマンス部門で出展した作品

 

5分間のパフォーマンスのうち、4分間を舞台上に横になって寝る。

後ろのストップウォッチを持った人が、4分経過すると起こしにくる。

 

観客は4分間「寝る」だけのパフォーマンスを見ているが、

実際に「寝ている」のか「寝ているふり」なのかは判断しずらい。

さらに言えば、実際に寝てようが、寝てまいがどうでも良い気がしてくる。

しかし、「寝る」だけの4分が続く。

 

普段、他の舞台作品を見ているときに感じる「退屈さ」と「疑わしさ」それだけを扱いたかった。

 

 

 

出演メンバー 関川航平 後沢有希

sleeping for 4 minutes, 2013

 

This performance took place during the Chiyoda Art Festival 2013 at 3331 Gallery.

 

While on stage, I laid on the floor and tried to sleep for 4 minutes out of the 5 minute performance. A person sitting behind me observes my actions and keeps track of time with a stopwatch. If 4 minutes pass, she is required to wake me.

 

Although the audience sees me “sleeping” for 4 minutes, to judge whether or not I am actually sleeping is a difficult judgement to make. Regardless of this, it is all the same to people whether I am actually asleep or pretending. The duration (4minutes) is constant.

 

I sometimes feels weariness and doubt when viewing performance art---I wish to address only this issue.