press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

クリックで拡大します

絵画制作のための装置 

絵画制作のための過程

絵画制作のための結果

2013|ミクストメディア、映像、ドローイング

「絵画制作のための装置」は、シルクスクリーンを印刷するための作業台であり、この作業台をはさんで制作者2人が向かい合い、囲碁のルールに基づいて交互に黒・白二色のイメージを印刷してゆく。



「絵画制作のための過程」はそのシルクスクリーンでの印刷作業の記録映像であり、囲碁としての視点から見れば、対局経過・風景である。



「絵画制作のための結果」は、以上の制作者2名での作業(=勝負)の結果完成した、黒・白二色の丸いイメージで構成された平面絵画である。



囲碁のルールを借用して、他者/もう1人の制作者との《勝負》という偶然性を含んだ過程の介入によって、制作者の《作為》は絶縁され、《無作為》な絵画ができあがる。



つまり絵画制作が、囲碁の勝負の結果に《無作為》に左右されるようになる。

いわばこれは対戦型絵画である。

Device, Process, and Result for Making a Painting, 2013

 

A Device for Making a Painting is a performance comprised of two participants and a working table that enables the creation of a silk-screened print. Two print makers face each other across this working table and partake in a traditional Japanese board game called “GO”.  As each player has a turn, they silk-screen their strategic move on the table. 

 

Process for Making a Painting is a short video filmed from an aerial viewpoint of the working table. It documents GO as the game is in progress.

 

Results for Making a Painting is a series of silk-screened prints resulting from different games and opponents.

 

By allowing another person to participate within my performance, I present a variable in the game, which allows for the creation of different outcomes. In other words, the way of making images is directly influenced by the results of the game. I am interested in the birth of an unexpected result in addition to new ways of making images.