いすにすわっている

2012|インスタレーション

ガラス張りのギャラリーのなかには椅子が向きがそろえて置かれていて、複数人の人物が〈いすにすわっている〉。



なかの人物の交代のための出入りはあるが、常に何人かの人物がギャラリーのなかで〈いすにすわっている〉。鑑賞者は、その様子をガラス越しに見ることになる。



タイトル通りのことが、リアルタイムで進行しつづける。

それ以上の意味も、それ以下の意味も持ちえない状況をつくること。



読み取れることしか読み取れない、過不足ない〈意味〉の伝達を目指した。

Sitting on the Chair, 2012

 

In the gallery, there are several chairs facing the same direction. At any given time, there are several people sitting in them. Some of the sitting people may change, but others are always in the seated position. The entire performance is behind a glass wall of the gallery. This allows for outside passers to observe the seated individuals.

 

For Sitting on the Chair, the action and meaning are literal manifestations of the title. The performance is neither figurative nor metaphorical. I wanted to create a situation where nothing more is suggested beyond the title’s rhetoric.

 

1/2

クリックで拡大します